日本一の薬木巨樹・メグスリノキを育む会津盆地は喜多方・雄国山麓からブログ発信中!田中雅人喜多方市議 1級建築士 飯豊の山の案内人 Eメール miyabi-7@plum.plala.or.jp
by まさとチャン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
画像一覧
最新のコメント
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 20:04
卒業生の「将来なりたい夢..
by yachotori at 19:47
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 06:34
特別職の退職手当が市の広..
by yachotori at 06:05
> Sippo5655さ..
by tanaka-masato at 09:34
卒業、人生の節目ですよね..
by Sippo5655 at 22:27
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 06:00
卒業式での贈る言葉、考え..
by yachotori at 17:34
> Sippo5655さ..
by tanaka-masato at 08:24
同じ一票でも、その問題と..
by Sippo5655 at 22:12
記事ランキング
検索
最新の記事
卒業生の夢
at 2019-03-22 19:02
特別職の退職金・公表へ!
at 2019-03-15 23:51
母校の卒業式(中学校)
at 2019-03-13 14:58
「県民投票に憲法拘束力」
at 2019-03-03 10:53
沖縄・埋め立て“反対”が72%
at 2019-02-25 15:51
はやぶさ2、が着陸成功!
at 2019-02-23 11:23
市の当初予算は251億円
at 2019-02-20 17:12
デザインマンホールの図案決まる!
at 2019-02-11 17:50
市長等3役の退職金
at 2019-02-08 14:42
そばフェスタ・オープン!
at 2019-02-02 13:25
カテゴリ
全体
毎日はハプニング
市民のくらし
議会は市民のために・・・
市民要望の実現を!
平和と憲法のこと
山と自然とまさとチャン
えっホント?
粋・ものづくり
地域のできごと・行事
建築・街並みウオッチング
家族・親戚のこと
新市・合併のはなし
未分類
フォロー中のブログ
ITエンジニアで2児のP...
森林・林業データベース
日本の行く末
会津のはてから。
sudigital af...
ごいっちゃんの議員活動報告
とおます格付け日記
小さな手紙
陶芸ブログ ぶらり
絵的生活
パラダイス大工
杉本敏宏のつれづれなるままに
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひとりごと、ぶつぶつ
KOSA日記
楽家記(らくがき)
ペナン島へようこそ!
MARI ★ COLLE
美術と自然と教育と
田中英語塾講師の日記
フランス存在日記
コバチャンのBLOG
あったかフローリングのe...
薪ストーブ大好き
オルトさんの Has H...
木の気持
写真でイスラーム  
縄文ドリームタイム日記
自然大好き
NED-WLT
アナログの家が好き!高座...
北国の花鳥風月
Ever Green
Yan's diary
ひろゆきの活動日誌
Dabblin' Day...
北の街 札幌-2
「人と地球にやさしい建築...
photo-column...
建築家とつくる木の家 光...
ばーさんがじーさんに作る食卓
板橋区のいたる所にいたる...

夕張市議 くまがい桂子 ...
鰻の寝床日記
masamiの気まぐれ写真集
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
山と建築と小淵沢便り
酒と築地と肴と料理
北海道の造形教育を考える
淡路島から発信 ざわわブログ
家づくり西方設計
カメラをお供に
奥様よりちょときれい! ...
村人生活@ スペイン
日本がアブナイ!
四季の予感
イコノメ
感じたままを写真に・・・Ⅱ
9条守りたいね
水・水・水 №3
フローリングのお手入れ・...
Snap of 鎌倉
Wind Tribe S...
月のかけら
Mita kuuluu?
そんな日は海幸橋を渡って
howdygoto's ...
氏原巨雄の雑記鳥
絵手紙遊印彫師・夢追い人
會津っ子 日記
たきた敏幸日記
森の暮らし  たいまぐら便り
クロアチアの碧い海の夢
建築に夢をみた
工藤祥三
Under the Su...
アジアⅩのブログ
野鳥大好き!闘将・N
☆★☆東欧の空から☆★☆
13days
札幌便り
第一宅建設計ブログ
トスカーナ 「進行中」 ...
酒井徹の網絡日記――日記...
いまどきの義民の呟き
自然とのふれあい
平野部屋
風につく
中村佑介の黄色い日記
道草
花それぞれ
野鳥撮小屋
おべんとう日記vol.2
身近な自然を撮る
スケッチ感察ノート (N...
雅(みやび)
田口ランディ Offic...
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
続々定年マジかのおやじ日記
光と風の中で
岡山県美術家協会
カエルのはんこ工房
vege dining ...
NEW YORK KAZ...
レイコさんの鹿児島スケッチ
☆太陽と雪☆
七色さんぽ
a day in the...
Photo Galler...
アヤスズキノブログ
陶芸ブログ 限 無 窯 ...
街を美術館にしよう! ま...
一茎草花
EURO SNAP
オルガニスト愛のイタリア...
ソロで生きる
板垣真理子 の 最新日記
ぴーすこ ぱーすこ
横内事務所のメモランダム
Sippo☆のネイチャー...
ツジメシ。プロダクトデザ...
ここちいいところ
Cerise*Cerise*
心と体の癒しのメッセージ
津野千佳 アートの日記
風に吹かれて
たびびとの陶芸日記
walk this wa...
思いのままに。。    ...
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)
福島県立テクノアカデミー...
田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔
夢色とうめい
お山歩日記
荒野にて
談話室もぐら:別冊Las...
写真とパピオン大好き3
會津佐藤靴店
ライフログ
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
その他のジャンル
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
ブログパーツ
ブログジャンル


カテゴリ:えっホント?( 467 )

はやぶさ2、が着陸成功!

 はやぶさ2の小惑星りゅうぐう着陸成功のニュースは日本中を喜ばせています。
その中でも地元会津大学がはやぶさ2のプロジェクトに参画して”着陸地点を決める重要な役割を担った”と聞いて一層の喜びです。さらに県内企業からリチウム電池や岩石採取の衝突装置が搭載されているという。大学と企業の連携が新産業創出につながっているという点で今後への期待が大きくなります!


b0092858_11200281.jpg

大深沢ダムの野鳥たち


by tanaka-masato | 2019-02-23 11:23 | えっホント? | Comments(2)

市長等3役の退職金


4年毎に退職金がある企業や事業所はあるでしょうか?なんと、市長等3役の場合、1期4年毎に退職金が支払われています。議会でも幣ブログでも取り上げてきましたが、古い制度がそのままになっている感があります。事実を知った市民はその多額さに“え~っ!ホント?”と驚きの声を上げました。

※本市条例により特別職(市長等3役)に支払われる退職金

市長・・・2052万円(14年毎)

副市長・・1094万円(14年毎)

教育長・・・504万円(13年毎)

<市民目線での見直しが必要ではないでしょうか!>

 真剣に仕事に取り組む市長等の場合は激務ですから、退職金をゼロ円にすればいいとは思いません。があまりにも常識を超えていると思います。当時の元小泉首相も「知事とか市長の退職金は多すぎる、私もいらないから知事にも市長にもあきらめてもらったらどうか」と経済諮問会議で発言しています。市民目線での改革が必要です!ちなみに元小泉首相の退職金は約560万円でした。

b0092858_14392000.jpg

雄国山・磐梯山の白い頂が右上にチラッと!


by tanaka-masato | 2019-02-08 14:42 | えっホント? | Comments(8)

大根の葉・栄養がすごい!

「頭巾はずし」という、いい言葉(話)があります。思わず聞き返してしまいますが、この「頭巾外し」は、郷土料理を指す言葉だと知りました。

[頭巾はずし(福島県)]→大根の葉の塩漬けあるいは古漬けを刻んで納豆と混ぜ、辛子醤油で調味したもの。弘法大師が立ち寄った家で振る舞われたのを食べ、そのうまさにかぶっていた頭巾を外したことから名が付いた、といいます。

その大根の葉(緑黄色野菜)、栄養の豊かさにビックリ!

〇ベーターカロチン(ビタミンA)はほうれん草と同じくらい

〇ビタミンCはほうれん草の1.5倍

〇カルシウムはほうれん草の5倍

大根の葉のうまさを語る人は少なくないですが、それではその美味しさを次世代の子らにつないでいるだろうか、とはたと考えてしまった!生きた知恵を伝承する大事さ!をすでに実践されている先輩方には頭巾外しならぬ脱帽です。

b0092858_20013331.jpg

ネットから


by tanaka-masato | 2019-01-16 20:04 | えっホント? | Comments(6)

54字の文学賞!

 
 誰の作品なのか、びっくりしてしまいました。なんと、右から読んでも~そして左から読んでも、え??~意味が通ります。なるほど~~お見事、秀逸な54文字ですね!
 他にも「回文」もトンチ風で楽しいですが、このように「9×6=54文字の世界」もあるって初めて知りました。ネットには自由な表現があって文字の魔術、楽しませてくれます!コーヒーブレークも時々いいものです!

b0092858_15103792.jpg


左からも、お読みください!


by tanaka-masato | 2018-12-15 15:45 | えっホント? | Comments(2)

暖冬か?・一般質問スタート


もう12月の2日、師走だがまだ初雪が来ない。昨年はタイヤ交換が1115日だったから今年は暖冬という事だろうか?

天気予報では時節柄早めのタイヤ交換をしきりに勧めていたが、明後日には最高気温が18℃になるという。予報の雪マークは126日から付いているがどうだろうか?

  • 現在12月議会開会中(日程11/29(木)12/13(木)

 明日、月曜日から一般質問(4っ日間)が始まり12月議会の一般質問者は21人(定数26名)。私の出番は木曜日の4番目で初のトリとなる。あらためて資料整理、タブレット活用で準備がつづく!

b0092858_20203981.jpg

稲刈り後の田んぼに異変か、短い丈の稲穂が出た・・・
飯豊連峰は雪化粧


by tanaka-masato | 2018-12-02 20:29 | えっホント? | Comments(4)

フクシマ事故と東京オリンピック その④/④


その④

(元京都大学原子炉実験助教授 小出裕章氏)

国は積極的にフクシマ事故を忘れさせてしまおうとし、マスコミも口 をつぐんでいて、「原子力緊急事態宣言」が今なお解除できず、本来の法令が反故にされたままであることを多くの国民は忘れさせられてしまっている。環境を汚染している放射性物質の主犯人はセシウム137であり、その半減期は30年。100年たってもようやく10分の1にしか減らない。実は、この日本という国は、これから100年たっても、「原子力緊急事態宣言」下にあるのである。オリンピックはいつの時代も国威発揚に利用されてきた。近年は、箱モノを作っては壊す膨大な浪費社会と、それにより莫大な利益を受ける土建屋を中心とした企業群の食い物にされてきた。今大切なのは、「原子力緊急事態宣言」を一刻も早く解除できるよう、国の総力を挙げて働くことである。フクシマ事故の下で苦しみ続けている人たちの救済こそ、最優先の課題であり、少なくとも罪のない子どもたちを被曝から守らなければならない。

それにも拘わらず、この国はオリンピックが大切だという。内部に危機を抱えれば抱えるだけ、権力者は危機から目を逸らせようとする。そして、フクシマを忘れさせるため、マスコミは今後ますますオリンピック熱を流し、オリンピックに反対する輩は非国民だと言われる時が来るだろう。先の戦争の時もそうであった。マスコミは大本営発表のみを流し、ほとんどすべての国民が戦争に協力した。自分が優秀な日本人だと思っていればいるだけ、 戦争に反対する隣人を非国民と断罪して抹殺していった。しかし、罪のない人を棄民したままオリンピックが大切だという国なら、私は喜んで非国民になろうと思う。

フクシマ事故は巨大な悲劇を抱えたまま今後 100 年の単位で続く。膨大な被害者を横目で見ながらこの事故の加害者である東京電力、政府関係者、学者、マスコミ関係者など、誰一人として責任を取っていないし、処罰もされていない。それを良いことに、彼らは今は止まっている原子力発電所を再稼働させ、海外にも輸出すると言っている。 原子力緊急事態宣言下の国で開かれる東京オリンピック。それに参加する国や人々は、もちろん一方では被曝の危険を負うが、一方では、この国の犯罪に加担する役割を果たすことになる。


b0092858_14341983.jpg
雄国山を背景に


by tanaka-masato | 2018-10-15 18:15 | えっホント? | Comments(2)

フクシマ事故と東京オリンピック その②/④


その②

(元京都大学原子炉実験助教授 小出裕章氏)

20171月末に、東京電力は原子炉圧力容器が乗っているコンクリート製の台座 (ペデスタル)内部に、いわゆる胃カメラのような遠隔操作カメラを挿入した。圧力容器直下にある鋼鉄製の作業用足場には大きな穴が開き、圧力容器の底を抜いて熔け落ちて来た炉心がさらに下に落ちていることが分かった。しかし、その調査ではもっと重要なことが判明した。人間は8シーベルト被曝すれば、確実に死ぬ。圧力容器直下での放射線量は一時間当たり20 Sv であったが、そこに辿り着く前に530あるいは650シーベルトという放射線が計測された。そして、この高線量が測定された場所は、円筒形のぺデスタルの内部ではなく、ペデスタルの壁と格納容器の壁の間だったのである。東京電力や国は、 熔け落ちた炉心はペデスタルの内部に饅頭のように堆積しているというシナリオを書き、30年から40年後には、熔け落ちた炉心を回収し容器に封入する、それを事故の収束と呼ぶとしてきた。しかし実際には、熔けた核燃料はペデスタルの外部に流れ出、飛び散ってしまっているのである。やむなく国と東京電力は「ロードマップ」を書き換え、格納容器の横腹に穴を開けて掴み出すと言い始めた。しかし、そんな作業をすれば、労働者の被曝量が膨大になってしまい、出来るはずがない。私は当初から旧ソ連チェルノブイリ原子力発電所事故の時にやったように石棺で封じるしかないと言ってきた。そのチェルノブイリ原発の石棺は30年たってボロボロになり、 201611月にさらに巨大な第2石棺で覆われた。その第2石棺の寿命は100年という。その後、どのような手段が可能かは分からない。今日生きている人間の誰一人としてチェルノブイリ事故の収束を見ることができない。ましてやフクシマ事故の収束など今生きている人間のすべてが死んでも終わりはしない。その上、仮に熔け落ちた炉心を容器に封入することができたとしても、それによって放射能が消える訳ではなく、その後数十万年から100万年、その容器を安全に保管し続けなければならないのである。発電所周辺の環境でも、極度の悲劇がいまだに進行中である。(つづく)

b0092858_12525899.jpg

会津塩川バルーンフェスティバル・スタート! 2018 10/13~14



by tanaka-masato | 2018-10-13 13:07 | えっホント? | Comments(4)

フクシマ事故と東京オリンピック・その①/④


元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏が「福島事故と東京オリンピック」を論じていて、内容は極めて現実的意味を持つ。2年後のオリンピックに浮かれさせ、現実を見失わせんとするアベ政治の思惑が透けて見えてくる。専門家中の専門家が論理的に警鐘を鳴らす筋道を読む。

その①

2011311日、巨大な地震と津波に襲われ、東京電力・福島第一原子力発電所が全所停電となった。全所停電は、原発が破局的事故を引き起こす一番可能性のある原因だと専門家は一致して考えていた。その予測通り、福島第一原子力発電所の原子炉は熔け落ちて、大量の放射性物質を周辺環境にばらまいた。日本国政府が国際原子力機関に提出した報告書によると、その事故では、1.5×10 16 乗ベクレル、広島原爆168発分のセシウム137を大気中に放出した。広島原爆1発分の放射能だって猛烈に恐ろしいものだが、なんとその168倍もの放射能を大気中にばらまいたと日本政府が言っている。その事故で炉心が熔け落ちた原子炉は1号機、2号機、3号機で、合計で 7×10 17 乗ベクレル、広島原爆に換算すれば約 8000 発分のセシウム 137 が炉心に存在していた。そのうち大気中に放出されたものが 168 発分であり、海に放出されたものも合わせても、現在までに環境に放出されたものは広島原爆約 1000 発分程度であろう。つまり、炉心に あった放射性物質の多くの部分が、いまだに福島第一原子力発電所の壊れた原子炉建屋などに存在している。これ以上、炉心を熔かせば、再度放射性物質が環境に放出されしまうことになる。それを防ごうとして、事故から7年以上経った今も、どこかにあるであろう 熔け落ちた炉心に向けてひたすら水を注入してきた。そのため、毎日数百トンの放射能汚染水が貯まり続けてきた。東京電力は敷地内に 1000 基を超えるタンクを作って汚染水を貯めてきたが、その総量はすでに 100 万トンを超えた。敷地には限りがあり、タンクの増設には限度がある。近い将来、東京電力は放射能汚染水を海に流さざるを得なくなる。もちろん一番大切なのは、熔け落ちてしまった炉心を少しでも安全な状態に持って行くことだが、7 年以上の歳月が流れた今でも、熔け落ちた炉心がどこに、どんな状態であるかすら分からない。なぜなら現場に行かれないからである。事故を起こした発電所が火力発電所であれば、簡単である。当初何日間か火災が続くかもしれないが、それが収まれば現場に行くことができる。事故の様子を調べ、復旧し、再稼働することだって出来る。しかし、事故を起こしたものが原子力発電所の場合、事故現場に人間が行けば、死んでしま う。国と東京電力は代わりにロボットを行かせようとしてきたが、ロボットは被曝に弱い。なぜなら命令が書き込まれているICチップに放射線が当たれば、命令自体が書き変わっ てしまうからである。そのため、これまでに送り込まれはロボットはほぼすべてが帰還できなかった。(つづく)

b0092858_10575653.jpg

駒形農免道路、歩道の一部が完成!
さらに継続されます。


by tanaka-masato | 2018-10-12 11:02 | えっホント? | Comments(2)

教育勅語復活の危機!・を指摘

 昨日付け福島民報に、教育勅語と沖縄を考える際に大事な点が小島氏から指摘されていた。県民の立ち位置を考えて見る時、必読の日曜論壇と考えご紹介したい。

教育勅語復活の危機(10月7日)

 教育勅語は「現代風に解釈され、あるいはアレンジした形で、道徳などに使うことができる分野というのは十分にある」と述べたのは、第四次安倍晋三改造内閣の文部科学大臣の柴山昌彦氏である。それも大臣就任会見での発言なので、ショックを受けたのは私だけではないだろう。

 菅義偉官房長官は、教育勅語は「日本国憲法及び教育基本法の制定をもって、法制上の効力は喪失している。政府としては、積極的に教育勅語を教育現場に活用しようという考えはない」と述べたが、柴山発言の真意の確認は必要ないとも言い、この発言を否定はしなかった。

 この発言が他ならぬ文部科学大臣であることに私は大きな危機を感じている。文科省は政府の各省の中で直接的に国民の精神に関与する唯一の役所だからである。文化庁も文科省を通さなければ予算も財務省に出せない一庁で、いわば文科省の支配下にある。

 私たちは小学校で教育勅語を暗記させられ、君[きみ](天皇)や国のために喜んで自らの命を捧[ささ]げるように教育された経験を持つ。教育勅語はまさに国民をマインド・コントロールした最大の道具であった。

 
 柴山文科相は安倍首相の側近といわれているだけに、この発言は安倍首相の本音が透けて見えたように思われる。これから安倍首相は憲法改正(悪)を強力に進めようとしているが、実はその裏にこのような基本的な精神構造があるとすれば、憲法改悪の道がやがて本音を隠しながら広げられるだろう。今後、文科省が示す教育方針や文化の方向性などを注意深く見て、戦前の二の舞に陥らないようにしなければと思う。

 
 九月三十日に台風24号が本州を荒らし回っている最中に、沖縄県知事選挙で辺野古の基地化反対の玉城デニー氏が大勝したというニュースが飛び込んできた。私は思わず「よかった!!」と叫んだが、これは決して辺野古だけの問題ではないと改めて考え直し始めた。沖縄の人々は戦前、戦中、戦後を通して私などがとても口にできないような多くの苦難に耐えてきた。それがこの選挙の結果の根元にある。政府は「沖縄に寄り添う」といいながら、結局は「基地負担の軽減」というだけで、辺野古に反対するなら、国からの援助を減らすと脅しもしてきた。

 
 しかし、米軍の駐留が現在、何故[なぜ]どのように必要なのか、必要だとすれば、どれ位[くらい]必要なのか、また何故沖縄に駐留軍の70%を置かねばならないのか、他の土地では駄目なのかなどの問題をどう考えるか。鳩山元首相が口にしながら実際に何も成果をあげられなかった後は、この問題を何時[いつ]の間にか封じてしまったのではないだろうか。しかし、アジアの情勢も変わっている現在、もう一度、基本的な問題から考えねばと思う。

 沖縄の問題は日本の問題なのである。その解決の責任は日本人全部にあることを忘れてはいけない。

 (小島美子、国立歴史民俗博物館名誉教授、福島市出身)

b0092858_17134732.jpg

塩川町・御殿場公園の蓮池から


by tanaka-masato | 2018-10-08 17:17 | えっホント? | Comments(2)

「震度7」は最大震度!


北海道で起きた大震災、正式には「平成30年北海道胆振東部地震」と名称が決まったようです。

まずは被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます。まだ安否が確認できず収まらない余震に不安な毎日を送る方々にお見舞いを申し上げます。一日も早いライフラインの復興を望みます!

北海道は根室で酪農経営の友人に電話をするも不通、ようやく声が聴けたのは電気が通った7日の夜8時過ぎでした。それまで停電で、情報が入らず全道がブラックアウトだったと聞く。「震度1」だった根室でも長い停電により酪農の搾乳冷蔵保管はもちろん、大きな範囲に影響が出ているといいます。

報道から見た山塊の崩壊、あれだけ山肌がむき出しになった姿に目を疑いました。どれだけ大きな地震だったのか?報道では当初は「震度6強」と発表されましたが、のちに「震度7」と訂正されました。

ちなみに、気象庁の震度階級は「震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」「震度5弱」「震度5強」「震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級となっています。
※「10という震度」はなく、「震度7」が震度階級で最大を意味しています。


b0092858_13231471.jpg

北海道胆振東部地震・ネットから


by tanaka-masato | 2018-09-08 13:27 | えっホント? | Comments(4)