日本一の薬木巨樹・メグスリノキが育つ会津盆地喜多方・雄国山麓からブログ発信中!田中雅人喜多方市議 1級建築士 飯豊の山の案内人 Eメール miyabi-7@plum.plala.or.jp
by まさとチャン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
画像一覧
最新のコメント
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 21:10
核兵器廃絶へ、個々の小さ..
by yachotori at 22:04
> Sippo5655さ..
by tanaka-masato at 09:44
子供にも理解できるように..
by Sippo5655 at 21:20
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 16:18
大人が子供にする核抑止力..
by yachotori at 15:30
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 09:20
最近は局所集中型の雨が多..
by yachotori at 05:00
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 14:52
小学生の部もあるんですか..
by yachotori at 18:28
記事ランキング
検索
最新の記事
もよりの”富士山”へ
at 2018-08-14 10:57
福島を応援している、と長崎市長!
at 2018-08-09 21:13
広島県知事のあいさつが素晴ら..
at 2018-08-08 11:50
渇水対策に補助金2950万円!
at 2018-08-07 21:51
「少年の主張・喜多方市大会」..
at 2018-08-05 16:51
ピンチ!日中ダムの水位
at 2018-07-31 15:27
地上600Mと43秒の意味
at 2018-07-27 23:18
76%が反対のカジノ法案が成立!
at 2018-07-22 20:09
高郷地区地すべりその⑤⇒小康..
at 2018-07-21 20:14
嬉しい、青汁!
at 2018-07-18 00:10
カテゴリ
全体
毎日はハプニング
市民のくらし
議会は市民のために・・・
市民要望の実現を!
平和と憲法のこと
山と自然とまさとチャン
えっホント?
粋・ものづくり
地域のできごと・行事
建築・街並みウオッチング
家族・親戚のこと
新市・合併のはなし
未分類
フォロー中のブログ
ITエンジニアで2児のP...
森林・林業データベース
日本の行く末
会津のはてから。
sudigital af...
ごいっちゃんの議員活動報告
とおます格付け日記
小さな手紙
陶芸ブログ ぶらり
絵的生活
パラダイス大工
杉本敏宏のつれづれなるままに
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひとりごと、ぶつぶつ
KOSA日記
楽家記(らくがき)
ペナン島へようこそ!
MARI ★ COLLE
美術と自然と教育と
田中英語塾講師の日記
フランス存在日記
コバチャンのBLOG
あったかフローリングのe...
薪ストーブ大好き
オルトさんの Has H...
木の気持
写真でイスラーム  
縄文ドリームタイム日記
自然大好き
NED-WLT
アナログの家が好き!高座...
北国の花鳥風月
Ever Green
Yan's diary
ひろゆきの活動日誌
Dabblin' Day...
北の街 札幌-2
「人と地球にやさしい建築...
photo-column...
建築家とつくる木の家 光...
ばーさんがじーさんに作る食卓
板橋区のいたる所にいたる...

夕張市議 くまがい桂子 ...
鰻の寝床日記
masamiの気まぐれ写真集
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
山と建築と小淵沢便り
酒と築地と肴と料理
北海道の造形教育を考える
淡路島から発信 ざわわブログ
家づくり西方設計
カメラをお供に
奥様よりちょときれい! ...
村人生活@ スペイン
日本がアブナイ!
四季の予感
イコノメ
感じたままを写真に・・・Ⅱ
9条守りたいね
水・水・水 №3
フローリングのお手入れ・...
Snap of 鎌倉
Wind Tribe S...
月のかけら
Mita kuuluu?
そんな日は海幸橋を渡って
howdygoto's ...
氏原巨雄の雑記鳥
絵手紙遊印彫師・夢追い人
會津っ子 日記
たきた敏幸日記
森の暮らし  たいまぐら便り
クロアチアの碧い海の夢
建築に夢をみた
工藤祥三
Under the Su...
アジアⅩのブログ
野鳥大好き!闘将・N
☆★☆東欧の空から☆★☆
13days
札幌便り
第一宅建設計ブログ
トスカーナ 「進行中」 ...
酒井徹の網絡日誌――日記...
いまどきの義民の呟き
自然とのふれあい
平野部屋
風につく
中村佑介の黄色い日記
道草
花それぞれ
野鳥撮小屋
おべんとう日記vol.2
身近な自然を撮る
スケッチ感察ノート (N...
雅(みやび)
田口ランディ Offic...
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
続々定年マジかのおやじ日記
光と風の中で
岡山県美術家協会
カエルのはんこ工房
vege dining ...
NEW YORK KAZ...
レイコさんの鹿児島スケッチ
☆太陽と雪☆
七色さんぽ
a day in the...
Photo Galler...
アヤスズキノブログ
陶芸ブログ 限 無 窯 ...
街を美術館にしよう! ま...
一茎草花
EURO SNAP
オルガニスト愛のイタリア...
ソロで生きる
板垣真理子 の 最新日記
ぴーすこ ぱーすこ
横内事務所のメモランダム
Sippo☆のネイチャー...
ツジメシ。プロダクトデザ...
ここちいいところ
Cerise*Cerise*
心と体の癒しのメッセージ
津野千佳 アートの日記
風に吹かれて
たびびとの陶芸日記
walk this wa...
思いのままに。。    ...
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)
福島県立テクノアカデミー...
田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔
夢色とうめい
お山歩日記
荒野にて
談話室もぐら:別冊Las...
写真とパピオン大好き3
會津佐藤靴店
ライフログ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
その他のジャンル
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
ブログパーツ
ブログジャンル


「輸出戻し税」で、中央委員会にメール、回答を受けました。

初めてメールをさせていただきます。

早速ですが、「消費税の輸出戻し税」について、党の政策はどのような扱いをされているのか伺います。
「輸出戻し税」は3兆円といわれ、消費税収入の23%も占めると、商工新聞では紹介され輸出企業の収入になっています。
また大企業が特別に減税(優遇)扱いされているというのは、国民へのますますの負担増を考えてもバランスを欠いた不公平な制度ではないかと思います。
党の政策に、大企業・大資産家への減税で4兆3000億円(3/30付けしんぶん赤旗)とありますが、輸出戻し税は含まれているんでしょうか?
お忙しい中恐縮ですが、よろしくお願い致します。

b0092858_1857552.jpg


<後日、次のような回答がありました。
少し長いのですが、ご一緒に考えていただければ幸いです>


田中雅人様

 メールをありがとうございます。消費税の「輸出戻し税」に関するご質問にお答えします。
 消費税は、ご存知の通り、「売上」と「仕入れ」の差額である「付加価値」に対する課税です。したがって、各課税事業者は、「売上」の5%と「仕入れ」の5%との差額を税務署に納税する仕組みになっています。この場合に、「売上」より「仕入れ」の方が大きかった場合には、その差額の5%が税務署から還付されることになります。これが「戻し税」です。
 「戻し税」が発生する原因は、大きくいって2つあります。最も大きいと思われるのが、ご指摘の「輸出戻し税」です。輸出品には消費税を課税せず、輸出品を生産するためにかかった「仕入れ」分の消費税は控除対象となるため、輸出が中心の業者の場合には、「仕入れ」が「国内売上」を上回るために、「戻し税」が発生します。もう1つは、高額の設備投資を行った場合です。年間の売上額に匹敵するような高額の設備投資を行った年度には、設備投資も「仕入れ」に計上できるため、「仕入れ」が「売上」を上回る場合があり、「戻し税」が発生します。
 「戻し税」の総額がどのくらいの規模になるかは、政府の決算書の中にある「国税収納金整理資金受払計算書」のデータから推計できます。最新の06年度の計算書では、消費税(地方消費税を含む)の「受入額」は17兆1889億円で、「還付金」が6兆1888億円、一般会計への「組入金」が10兆4633億円となっています。若干の差額がありますが、これは国税収納金整理資金にプールされている形になっています。
 この「還付金」約6.2兆円の中には、都道府県に配分される地方消費税が約2.6兆円含まれています。したがって、純粋な事業者への還付金、すなわち「戻し税」は約3.6兆円と推計されます。このうち、どれだけが「輸出戻し税」なのかというデータはありませんが、おそらく3兆円前後の額になると思われます。
 ただし、この3兆円が、すべて「大企業への減税になっている」と単純にいうわけにはいきません。「輸出戻し税」の制度自体は、仕入れ控除型の付加価値税である消費税を前提とする以上は、それなりの合理性をもった制度です。付加価値税を導入しているヨーロッパ諸国でも、すべて「輸出戻し税」の制度を採用しています。中国の場合は、「輸出戻し税」を完全には実施していないようですが、中国の消費税にあたる「増値税」は、付加価値税というより昔の日本の物品税に近い税のようであり、比較対象にはならないのではないかと思われます。
 大企業といえども、「仕入れ」の際に消費税をきちんと負担しているのであれば、「輸出戻し税」は、単に「払った税を返してもらう」だけのことで、「減税」にはなりません。問題は、日本の大企業の場合には、「仕入れ」の際に負担すべき消費税を負担せず、下請けの納入業者などに対して「消費税分だけ単価を切り下げよ」などと強要することによって、事実上、消費税の負担を免れてしまっているという点にあります。この場合には、「輸出戻し税」が大企業にとって「益税」になってしまうのです。
 しかし、この「益税」の額がどのくらいになるのかは、推計が困難です。個々の大企業について、輸出額、国内販売額、仕入額のデータから、「戻し税」の金額を推計することは可能です。しかし、大企業の「仕入れ」のすべてが中小零細企業からのものではなく、大企業が大企業から仕入れている分もかなりあります。「仕入れ」の際の消費税をすべて下請けに逆転嫁していると断定することもできません。したがって、「戻し税」3兆円のうち、どのくらいが大企業の「益税」なのかという推計は困難です。
 日本共産党は、消費税の増税に反対し、将来的にはその廃止をめざす理由の1つとして、「輸出戻し税」制度が大企業によって悪用され、「益税」を生んでいることを告発しています(たとえば、パンフ「なぜなぜ問答・庶民大増税」60ページ)。しかし、政策として「輸出戻し税の廃止」を主張したり、「戻し税」による増収額を社会保障などの政策経費の財源とするという考え方をしたりはしていません。大企業・大資産家減税の中に「輸出戻し税」を算入することもしていません。

 その理由は、1つには、前述したように、「輸出戻し税」による大企業の「益税」の額が特定できないこともありますが、それに加えて、次のような事情があります。

 第に、「輸出戻し税」に関わる「益税」は、「戻し税」それ自体から発生しているのではなく、大企業が「仕入れ」の際に払うべき消費税を事実上払わず、下請け業者に逆転嫁していることによって発生しています。そして、この逆転嫁は、輸出産業の大企業だけでなく、国内販売向けの大企業でも、程度の差はあれ、発生していることであると思われます。下請け企業への逆転嫁は問題ですが、輸出大企業だけを問題にするのでは、国内販売向けの大企業が免罪されることになります。
 第に、この「益税」は、下請け中小企業が「身銭を切る」ことによって発生しているものです。したがって、不当な単価切り下げをやめさせ、下請け企業に還元させることが本来の解決の方向であり、「戻し税」制度を廃止して国や地方の税収として吸い上げることは、本来の解決の方向ではないと思います。
 第に、輸出企業の中には、比重は大きくありませんが、中小企業もあります。中小企業の場合は、下請けへの逆転嫁など大企業のようにはできませんから、「仕入れ」の際に消費税を負担しています。その消費税が還付されなければ、それこそ「身銭を切る」ことになってしまいます。
 最後に、「輸出戻し税」それ自体は、前段階控除型で輸出品非課税の付加価値税を前提とすれば、やむを得ない制度です。「輸出戻し税」の悪用を完全になくすためには、消費税廃止しかありません。消費税を廃止すれば、「戻し税」もなくなりますが、還付の財源である消費税の収入それ自体もなくなるのですから、「戻し税」の分を財源として考えるわけにはいきません。
 
消費税を下請け企業に逆転嫁することによって大企業が「益税」を得ていることは事実であり、「輸出戻し税」は、その「益税」を目に見えるわかりやすい形で示すものです。消費税の不当性を示す材料として、「戻し税」の実態を告発していくことは重要であると思いますが、消費税の存続を前提として「輸出戻し税の廃止」を政策とすることは、以上の理由により不適切であると判断しています。

*************
 日本共産党中央委員会
 国民の声室・質問回答係
[PR]
by tanaka-masato | 2008-10-28 21:30 | えっホント? | Comments(2)
Commented by かみちゃん at 2012-02-28 02:01 x
わかりやすい説明ですよね!
Commented by tanaka-masato at 2012-02-28 17:53
おばんなんやした、かみサン。
輸出戻し税はなかなかまぎらわしいものですが、見事な解説をしてい
ただきました。消費税そのものが庶民には負担が大きく、大金持ち、大
企業には優遇扱いの制度で、不公平な税制である事がよくわかりまし
た。ホントにわかりやすい説明でと言えますね。
<< 磐梯山に初冠雪・・・お~寒ッ 町並み参加・・・ベンチ(長いす) >>