日本一の薬木巨樹・メグスリノキが育つ会津盆地喜多方・雄国山麓からブログ発信中!田中雅人喜多方市議 1級建築士 飯豊の山の案内人 Eメール miyabi-7@plum.plala.or.jp
by まさとチャン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
画像一覧
最新のコメント
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 18:53
オリンピックや万博誘致な..
by yachotori at 15:44
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 08:38
「原子力緊急事態宣言」下..
by yachotori at 18:52
> Sippo5655さ..
by tanaka-masato at 17:38
やはり、人間がやってきた..
by Sippo5655 at 22:10
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 17:25
石棺で覆うしか方法がない..
by yachotori at 16:55
> yachotoriさ..
by tanaka-masato at 12:18
①から④までどんな展開が..
by yachotori at 21:59
記事ランキング
検索
最新の記事
フクシマ事故と東京オリンピッ..
at 2018-10-15 18:15
フクシマ事故と東京オリンピッ..
at 2018-10-14 17:55
フクシマ事故と東京オリンピッ..
at 2018-10-13 13:07
フクシマ事故と東京オリンピッ..
at 2018-10-12 11:02
教育勅語復活の危機!・を指摘
at 2018-10-08 17:17
会津で稲刈り進む!
at 2018-10-07 18:30
高郷・地すべり現場の対策!
at 2018-10-05 19:08
大型台風24号接近!
at 2018-09-30 14:34
日中ダムの水位、15.77M..
at 2018-09-24 11:03
市三役の退職金に異議あり!
at 2018-09-20 09:45
カテゴリ
全体
毎日はハプニング
市民のくらし
議会は市民のために・・・
市民要望の実現を!
平和と憲法のこと
山と自然とまさとチャン
えっホント?
粋・ものづくり
地域のできごと・行事
建築・街並みウオッチング
家族・親戚のこと
新市・合併のはなし
未分類
フォロー中のブログ
ITエンジニアで2児のP...
森林・林業データベース
日本の行く末
会津のはてから。
sudigital af...
ごいっちゃんの議員活動報告
とおます格付け日記
小さな手紙
陶芸ブログ ぶらり
絵的生活
パラダイス大工
杉本敏宏のつれづれなるままに
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひとりごと、ぶつぶつ
KOSA日記
楽家記(らくがき)
ペナン島へようこそ!
MARI ★ COLLE
美術と自然と教育と
田中英語塾講師の日記
フランス存在日記
コバチャンのBLOG
あったかフローリングのe...
薪ストーブ大好き
オルトさんの Has H...
木の気持
写真でイスラーム  
縄文ドリームタイム日記
自然大好き
NED-WLT
アナログの家が好き!高座...
北国の花鳥風月
Ever Green
Yan's diary
ひろゆきの活動日誌
Dabblin' Day...
北の街 札幌-2
「人と地球にやさしい建築...
photo-column...
建築家とつくる木の家 光...
ばーさんがじーさんに作る食卓
板橋区のいたる所にいたる...

夕張市議 くまがい桂子 ...
鰻の寝床日記
masamiの気まぐれ写真集
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
山と建築と小淵沢便り
酒と築地と肴と料理
北海道の造形教育を考える
淡路島から発信 ざわわブログ
家づくり西方設計
カメラをお供に
奥様よりちょときれい! ...
村人生活@ スペイン
日本がアブナイ!
四季の予感
イコノメ
感じたままを写真に・・・Ⅱ
9条守りたいね
水・水・水 №3
フローリングのお手入れ・...
Snap of 鎌倉
Wind Tribe S...
月のかけら
Mita kuuluu?
そんな日は海幸橋を渡って
howdygoto's ...
氏原巨雄の雑記鳥
絵手紙遊印彫師・夢追い人
會津っ子 日記
たきた敏幸日記
森の暮らし  たいまぐら便り
クロアチアの碧い海の夢
建築に夢をみた
工藤祥三
Under the Su...
アジアⅩのブログ
野鳥大好き!闘将・N
☆★☆東欧の空から☆★☆
13days
札幌便り
第一宅建設計ブログ
トスカーナ 「進行中」 ...
酒井徹の網絡日記――日記...
いまどきの義民の呟き
自然とのふれあい
平野部屋
風につく
中村佑介の黄色い日記
道草
花それぞれ
野鳥撮小屋
おべんとう日記vol.2
身近な自然を撮る
スケッチ感察ノート (N...
雅(みやび)
田口ランディ Offic...
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
続々定年マジかのおやじ日記
光と風の中で
岡山県美術家協会
カエルのはんこ工房
vege dining ...
NEW YORK KAZ...
レイコさんの鹿児島スケッチ
☆太陽と雪☆
七色さんぽ
a day in the...
Photo Galler...
アヤスズキノブログ
陶芸ブログ 限 無 窯 ...
街を美術館にしよう! ま...
一茎草花
EURO SNAP
オルガニスト愛のイタリア...
ソロで生きる
板垣真理子 の 最新日記
ぴーすこ ぱーすこ
横内事務所のメモランダム
Sippo☆のネイチャー...
ツジメシ。プロダクトデザ...
ここちいいところ
Cerise*Cerise*
心と体の癒しのメッセージ
津野千佳 アートの日記
風に吹かれて
たびびとの陶芸日記
walk this wa...
思いのままに。。    ...
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)
福島県立テクノアカデミー...
田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔
夢色とうめい
お山歩日記
荒野にて
談話室もぐら:別冊Las...
写真とパピオン大好き3
會津佐藤靴店
ライフログ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
その他のジャンル
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
ブログパーツ
ブログジャンル


フクシマ事故と東京オリンピック その④/④


その④

(元京都大学原子炉実験助教授 小出裕章氏)

国は積極的にフクシマ事故を忘れさせてしまおうとし、マスコミも口 をつぐんでいて、「原子力緊急事態宣言」が今なお解除できず、本来の法令が反故にされたままであることを多くの国民は忘れさせられてしまっている。環境を汚染している放射性物質の主犯人はセシウム137であり、その半減期は30年。100年たってもようやく10分の1にしか減らない。実は、この日本という国は、これから100年たっても、「原子力緊急事態宣言」下にあるのである。オリンピックはいつの時代も国威発揚に利用されてきた。近年は、箱モノを作っては壊す膨大な浪費社会と、それにより莫大な利益を受ける土建屋を中心とした企業群の食い物にされてきた。今大切なのは、「原子力緊急事態宣言」を一刻も早く解除できるよう、国の総力を挙げて働くことである。フクシマ事故の下で苦しみ続けている人たちの救済こそ、最優先の課題であり、少なくとも罪のない子どもたちを被曝から守らなければならない。

それにも拘わらず、この国はオリンピックが大切だという。内部に危機を抱えれば抱えるだけ、権力者は危機から目を逸らせようとする。そして、フクシマを忘れさせるため、マスコミは今後ますますオリンピック熱を流し、オリンピックに反対する輩は非国民だと言われる時が来るだろう。先の戦争の時もそうであった。マスコミは大本営発表のみを流し、ほとんどすべての国民が戦争に協力した。自分が優秀な日本人だと思っていればいるだけ、 戦争に反対する隣人を非国民と断罪して抹殺していった。しかし、罪のない人を棄民したままオリンピックが大切だという国なら、私は喜んで非国民になろうと思う。

フクシマ事故は巨大な悲劇を抱えたまま今後 100 年の単位で続く。膨大な被害者を横目で見ながらこの事故の加害者である東京電力、政府関係者、学者、マスコミ関係者など、誰一人として責任を取っていないし、処罰もされていない。それを良いことに、彼らは今は止まっている原子力発電所を再稼働させ、海外にも輸出すると言っている。 原子力緊急事態宣言下の国で開かれる東京オリンピック。それに参加する国や人々は、もちろん一方では被曝の危険を負うが、一方では、この国の犯罪に加担する役割を果たすことになる。


b0092858_14341983.jpg
雄国山を背景に


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-10-15 18:15 | えっホント? | Comments(2)

フクシマ事故と東京オリンピック その③/④

その③

(元京都大学原子炉実験助教授 小出裕章氏)


事故当日、原子力緊急事態宣言が発令され、初め3 km、次に10 km、そして20 km と強制避難の指示が拡大していき、人々は手荷物だけを持って家を離れた。家畜やペットは棄てられた。それだけではない、福島第一原子力発電所から40~50 km も離れ、事故直後は何の警告も指示も受けなかった飯舘村は、事故後一カ月以上たってから極度に汚染されているとして、避難の指示が出、全村離村となった。人々の幸せとはいったいどのようなことを言うのだろう。多くの人にとって、家族、仲間、隣人、恋人たちとの穏やかな日が、明日も、明後日も、 その次の日も何気なく続いていくことこそ、幸せというものであろう。それがある日突然に断ち切られた。避難した人々は初めは体育館などの避難所、次に、2人で四畳半の仮設住宅、さらに災害復興住宅や、みなし仮設住宅へ移った。その間に、それまでは一緒に暮らしていた家族もバラバラになった。生活を丸ごと破壊され、絶望の底で自ら命を絶つ人も、未だに後を絶たない。それだけではない。極度の汚染のために強制避難させられた地域の外側にも、本来であれば「放射線管理区域」にしなければいけない汚染地帯が広大に生じた。「放射線管理区域」とは放射線を取り扱って給料を得る大人、放射線業務従事者だけが立ち入りを許される場である。そして放射線業務従事者であっても、放射線管理区域に入ったら、水を飲むことも食べ物を食べることも禁じられる。もちろん寝ることも禁じられるし、放射線管理区域にはトイレすらなく、排せつもできない。国は、今は緊急事態だとして、従来の法令を反故にし、その汚染地帯に数百万人の人を棄てた。棄てられた人々は、赤ん坊も含めそこで水を飲み、食べ物を食べ、寝ている。当然、被曝による危険を背負わせられる。棄てられた人は皆不安であろう。被曝を避けようとして、仕事を捨て、家族全員で避難した人もいる。子どもだけは被曝から守りたいと、男親は汚染地に残って仕事をし、子どもと母親だけ避難した人もいる。でも、そうしようとすれば、生活が崩壊したり、家庭が崩壊する。汚染地に残れば身体が傷つき、避難すれば心が潰れる。棄てられた人々は、事故から7年以上、毎日毎日苦悩を抱えて生きてきた。 その上、国は20173月になって国は、一度は避難させた、あるいは自主的に避難していた人たちに対して、1年間に20ミリシーベルトを越えないような汚染地であれば帰還するように指示し、それまでは曲がりなりにも支援してきた住宅補償を打ち切った。そうなれば、汚染地に戻らざるを得ない人も出る。

今、福島では復興が何より大切だとされている。そこで生きるしかない状態にされれば、もちろん皆、復興を願う。そして人は毎日、恐怖を抱えながらは生きられない。汚染があることを忘れてしまいたいし、幸か不幸か放射能は目に見えない。国や自治体は積極的に忘れてしまえと仕向けてくる。逆に、汚染や不安を口にすれば、復興の邪魔だと非難されてしまう。 1年間に20ミリシーベルトという被曝量は、かつての私がそうであった「放射線業務従事者」に対して初めて許した被曝の限度である。それを被曝からは何の利益も受けない人々に許すこと自体許しがたい。その上、赤ん坊や子どもは被曝に敏感であり、彼らには日本の原子力の暴走、フクシマ事故になんの責任もない。そんな彼らにまで、放射線業務従事者の基準を当てはめるなど、決してしてはならないことである。しかし、日本の国はいま、「原子力緊急事態宣言」下にあるから、仕方がないと言う。緊急事態が丸1日、丸 1週間、1月、いや場合によっては1年続いてしまったということであれば、まだ理解できないわけではない。しかし実際には、事故後7年半たっても「原子力緊急事態宣言」は 解除されていない。 (つづく)

b0092858_17510182.jpg

会津塩川バルーン・フェスティバル


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-10-14 17:55 | Comments(2)

フクシマ事故と東京オリンピック その②/④


その②

(元京都大学原子炉実験助教授 小出裕章氏)

20171月末に、東京電力は原子炉圧力容器が乗っているコンクリート製の台座 (ペデスタル)内部に、いわゆる胃カメラのような遠隔操作カメラを挿入した。圧力容器直下にある鋼鉄製の作業用足場には大きな穴が開き、圧力容器の底を抜いて熔け落ちて来た炉心がさらに下に落ちていることが分かった。しかし、その調査ではもっと重要なことが判明した。人間は8シーベルト被曝すれば、確実に死ぬ。圧力容器直下での放射線量は一時間当たり20 Sv であったが、そこに辿り着く前に530あるいは650シーベルトという放射線が計測された。そして、この高線量が測定された場所は、円筒形のぺデスタルの内部ではなく、ペデスタルの壁と格納容器の壁の間だったのである。東京電力や国は、 熔け落ちた炉心はペデスタルの内部に饅頭のように堆積しているというシナリオを書き、30年から40年後には、熔け落ちた炉心を回収し容器に封入する、それを事故の収束と呼ぶとしてきた。しかし実際には、熔けた核燃料はペデスタルの外部に流れ出、飛び散ってしまっているのである。やむなく国と東京電力は「ロードマップ」を書き換え、格納容器の横腹に穴を開けて掴み出すと言い始めた。しかし、そんな作業をすれば、労働者の被曝量が膨大になってしまい、出来るはずがない。私は当初から旧ソ連チェルノブイリ原子力発電所事故の時にやったように石棺で封じるしかないと言ってきた。そのチェルノブイリ原発の石棺は30年たってボロボロになり、 201611月にさらに巨大な第2石棺で覆われた。その第2石棺の寿命は100年という。その後、どのような手段が可能かは分からない。今日生きている人間の誰一人としてチェルノブイリ事故の収束を見ることができない。ましてやフクシマ事故の収束など今生きている人間のすべてが死んでも終わりはしない。その上、仮に熔け落ちた炉心を容器に封入することができたとしても、それによって放射能が消える訳ではなく、その後数十万年から100万年、その容器を安全に保管し続けなければならないのである。発電所周辺の環境でも、極度の悲劇がいまだに進行中である。(つづく)

b0092858_12525899.jpg

会津塩川バルーンフェスティバル・スタート! 2018 10/13~14



[PR]
# by tanaka-masato | 2018-10-13 13:07 | えっホント? | Comments(4)

フクシマ事故と東京オリンピック・その①/④


元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏が「福島事故と東京オリンピック」を論じていて、内容は極めて現実的意味を持つ。2年後のオリンピックに浮かれさせ、現実を見失わせんとするアベ政治の思惑が透けて見えてくる。専門家中の専門家が論理的に警鐘を鳴らす筋道を読む。

その①

2011311日、巨大な地震と津波に襲われ、東京電力・福島第一原子力発電所が全所停電となった。全所停電は、原発が破局的事故を引き起こす一番可能性のある原因だと専門家は一致して考えていた。その予測通り、福島第一原子力発電所の原子炉は熔け落ちて、大量の放射性物質を周辺環境にばらまいた。日本国政府が国際原子力機関に提出した報告書によると、その事故では、1.5×10 16 乗ベクレル、広島原爆168発分のセシウム137を大気中に放出した。広島原爆1発分の放射能だって猛烈に恐ろしいものだが、なんとその168倍もの放射能を大気中にばらまいたと日本政府が言っている。その事故で炉心が熔け落ちた原子炉は1号機、2号機、3号機で、合計で 7×10 17 乗ベクレル、広島原爆に換算すれば約 8000 発分のセシウム 137 が炉心に存在していた。そのうち大気中に放出されたものが 168 発分であり、海に放出されたものも合わせても、現在までに環境に放出されたものは広島原爆約 1000 発分程度であろう。つまり、炉心に あった放射性物質の多くの部分が、いまだに福島第一原子力発電所の壊れた原子炉建屋などに存在している。これ以上、炉心を熔かせば、再度放射性物質が環境に放出されしまうことになる。それを防ごうとして、事故から7年以上経った今も、どこかにあるであろう 熔け落ちた炉心に向けてひたすら水を注入してきた。そのため、毎日数百トンの放射能汚染水が貯まり続けてきた。東京電力は敷地内に 1000 基を超えるタンクを作って汚染水を貯めてきたが、その総量はすでに 100 万トンを超えた。敷地には限りがあり、タンクの増設には限度がある。近い将来、東京電力は放射能汚染水を海に流さざるを得なくなる。もちろん一番大切なのは、熔け落ちてしまった炉心を少しでも安全な状態に持って行くことだが、7 年以上の歳月が流れた今でも、熔け落ちた炉心がどこに、どんな状態であるかすら分からない。なぜなら現場に行かれないからである。事故を起こした発電所が火力発電所であれば、簡単である。当初何日間か火災が続くかもしれないが、それが収まれば現場に行くことができる。事故の様子を調べ、復旧し、再稼働することだって出来る。しかし、事故を起こしたものが原子力発電所の場合、事故現場に人間が行けば、死んでしま う。国と東京電力は代わりにロボットを行かせようとしてきたが、ロボットは被曝に弱い。なぜなら命令が書き込まれているICチップに放射線が当たれば、命令自体が書き変わっ てしまうからである。そのため、これまでに送り込まれはロボットはほぼすべてが帰還できなかった。(つづく)

b0092858_10575653.jpg

駒形農免道路、歩道の一部が完成!
さらに継続されます。


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-10-12 11:02 | えっホント? | Comments(2)

教育勅語復活の危機!・を指摘

 昨日付け福島民報に、教育勅語と沖縄を考える際に大事な点が小島氏から指摘されていた。県民の立ち位置を考えて見る時、必読の日曜論壇と考えご紹介したい。

教育勅語復活の危機(10月7日)

 教育勅語は「現代風に解釈され、あるいはアレンジした形で、道徳などに使うことができる分野というのは十分にある」と述べたのは、第四次安倍晋三改造内閣の文部科学大臣の柴山昌彦氏である。それも大臣就任会見での発言なので、ショックを受けたのは私だけではないだろう。

 菅義偉官房長官は、教育勅語は「日本国憲法及び教育基本法の制定をもって、法制上の効力は喪失している。政府としては、積極的に教育勅語を教育現場に活用しようという考えはない」と述べたが、柴山発言の真意の確認は必要ないとも言い、この発言を否定はしなかった。

 この発言が他ならぬ文部科学大臣であることに私は大きな危機を感じている。文科省は政府の各省の中で直接的に国民の精神に関与する唯一の役所だからである。文化庁も文科省を通さなければ予算も財務省に出せない一庁で、いわば文科省の支配下にある。

 私たちは小学校で教育勅語を暗記させられ、君[きみ](天皇)や国のために喜んで自らの命を捧[ささ]げるように教育された経験を持つ。教育勅語はまさに国民をマインド・コントロールした最大の道具であった。

 
 柴山文科相は安倍首相の側近といわれているだけに、この発言は安倍首相の本音が透けて見えたように思われる。これから安倍首相は憲法改正(悪)を強力に進めようとしているが、実はその裏にこのような基本的な精神構造があるとすれば、憲法改悪の道がやがて本音を隠しながら広げられるだろう。今後、文科省が示す教育方針や文化の方向性などを注意深く見て、戦前の二の舞に陥らないようにしなければと思う。

 
 九月三十日に台風24号が本州を荒らし回っている最中に、沖縄県知事選挙で辺野古の基地化反対の玉城デニー氏が大勝したというニュースが飛び込んできた。私は思わず「よかった!!」と叫んだが、これは決して辺野古だけの問題ではないと改めて考え直し始めた。沖縄の人々は戦前、戦中、戦後を通して私などがとても口にできないような多くの苦難に耐えてきた。それがこの選挙の結果の根元にある。政府は「沖縄に寄り添う」といいながら、結局は「基地負担の軽減」というだけで、辺野古に反対するなら、国からの援助を減らすと脅しもしてきた。

 
 しかし、米軍の駐留が現在、何故[なぜ]どのように必要なのか、必要だとすれば、どれ位[くらい]必要なのか、また何故沖縄に駐留軍の70%を置かねばならないのか、他の土地では駄目なのかなどの問題をどう考えるか。鳩山元首相が口にしながら実際に何も成果をあげられなかった後は、この問題を何時[いつ]の間にか封じてしまったのではないだろうか。しかし、アジアの情勢も変わっている現在、もう一度、基本的な問題から考えねばと思う。

 沖縄の問題は日本の問題なのである。その解決の責任は日本人全部にあることを忘れてはいけない。

 (小島美子、国立歴史民俗博物館名誉教授、福島市出身)

b0092858_17134732.jpg

塩川町・御殿場公園の蓮池から


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-10-08 17:17 | えっホント? | Comments(2)

会津で稲刈り進む!

 天気のいい日に稲刈り作業が進みます!

 第4次安倍改造内閣が発足したが評判がすこぶる悪い!
 歴史に学ぶ政治家がアベ内閣には不在!と国民は見切ったのではないか!
b0092858_18131637.jpg

雄国山の上一帯に白い雲は珍しい!




[PR]
# by tanaka-masato | 2018-10-07 18:30 | 市民のくらし | Comments(2)

高郷・地すべり現場の対策!

 5月にTVマスコミでも大きく取りあげられ一部避難を余儀なくされている高郷町揚津地区の地すべり現地へ向かう。現在その対策工事が進められているが8名の議員が参加。
具体的な地すべりへの、緊急対策としてDW(ディープ・ウエル工法)による排水7か所、恒久対策として集水井(6か所~9か所を予定)設置が説明され、現在十分な効果がみられていると県農林事務所等の説明を受ける。さらに県道利用制限による代替道の万全な安全対策も併せ講じられた。
 目に直接見えないところの施工を含むが、GPSを含め位置確認の精度は格段の進歩があり地すべり現場にも反映されていると実感できたのは私にも大きい収穫となった。

b0092858_18525994.jpg

集水井
深さ約30M、直径3M超を上部からパチリ




[PR]
# by tanaka-masato | 2018-10-05 19:08 | 市民のくらし | Comments(4)

大型台風24号接近!

 今まさに、嵐の前の静けさというのだろうか、時間は昼2時を回ったところ。ここ会津は風はピタリと止み、空いっぱいに低く重い雲が垂れ込んでいる。
台風24号(950hPa)が日本列島を縦断しながら北上するという予報だ。夕方には四国から暴風雨の警告がでて、「命を守る行動を!」と大型台風の脅威を呼び掛けている。
 59年前の伊勢湾台風(929hPa)で近くの大イチョウが西側に傾き今もその名残を残しているが、過去の歴史的な大型台風と、大きさで並ぶというのだから強風への対策が必要だろう!

b0092858_14252986.jpg

台風時、蝶の避難所はどこなのだろうか?


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-09-30 14:34 | 毎日はハプニング | Comments(5)

日中ダムの水位、15.77M上昇!

 水不足でヒヤリとした先月末(8/27)の水位は437.92M、現在(9/23)の水位は453.69Mと記録されています。天の恵みは、およそ一か月間で15.77Mも水位を上げてくれました。満々と湛えるダムの姿をみながら水がめの役目に思いを馳せます。写真を撮る間、何組かの若い家族がダムを訪れスケールの大きな放水路をのぞき込んでは歓声を上げていました。天気のいい日にダムに家族や友人と足を延ばすのもいいものだ。
 淀んで濁ったアベ政治に比べ、なんと清しい水のある風景だろう


b0092858_10500730.jpg
日中ダム 9/23

[PR]
# by tanaka-masato | 2018-09-24 11:03 | 市民のくらし | Comments(6)

市三役の退職金に異議あり!

9月議会の一般質問で私は、「市三役の退職金を見直すよう」求めて質問をしました。
 <4年に1度、退職金もらえるの?>
現在、市の条例により市長は2052万円、副市長は1094.4万円がそれぞれ4年に一度(任期ごと)、教育長は504万円が3年(任期毎)に一度支給されます。このことは市のHPにはありますが、毎月発行される市の広報には掲載されていません。一般的には30年~40年ほど勤めて最後に退職金がありますが(最近はないケースがあるが)、4年に一度の退職金があるという企業は聞いたことがありません。
 そもそも市の三役(特別職)に4年に一度の退職金支給制度があることを知っている市民は少なく、聞けば多くの市民が「え~?」と驚きます。

ちなみに、元小泉首相の退職金は約650万円で「知事や市長は、どうしてあれほどたくさんもらうのか。総理大臣も各大臣も退職金は要らないから、知事、市長も退職金について考えてほしい。多すぎるのではないか。」と経済財政諮問会議での当時の首相発言が注目されました。

※退職金の仕組みは国が決めているのではなく、各地方自治体が条例で決めているのです。そして審議会設置のためには市長が諮問する手続きと取ります。その点を問うと、市は「今年中に特別職等報酬審議会を設置致します。」と答弁しました。今後、市民目線の議論がされるよう、注視が必要です!

b0092858_09381992.jpg

ソバの花にガンバル、アリ君!


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-09-20 09:45 | 市民要望の実現を! | Comments(2)

音CON・音のある街コンサート


喜多方市内ふれあい通り商店街を中心に「2018音CON・音のある街コンサート」が9/15,16開催され地元や遠くは福岡県からの出演など、残暑で汗ばむ人で通りが溢れました。

「東日本大震災で被害を受けた福島県に音楽の力で活気を取り戻そう!の主旨で、2013年から始まり今年で6回目、今年も90組を超える出演者の参加があった」と青木実行委員長の挨拶。

出演者はそれぞれ6会場で演奏、さすがに、若者たちの自作の音楽はエネルギーにあふれ自由でのびやかで笑顔がいっぱい、元気をゲットさせていただきました。ふれあい通りには、さらに「金賞受賞の喜多方地酒が準備され乾杯!」、盛り上がりました!

私も40数年前、ギターにジーパン、下駄ばき姿で銀行前の駐車場で歌ったフォークソング時代を思い出していました。

b0092858_10302172.jpg

6会場の一つ・大和川昭和蔵酒造昭和蔵にて


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-09-17 10:45 | 地域のできごと・行事 | Comments(4)

「震度7」は最大震度!


北海道で起きた大震災、正式には「平成30年北海道胆振東部地震」と名称が決まったようです。

まずは被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます。まだ安否が確認できず収まらない余震に不安な毎日を送る方々にお見舞いを申し上げます。一日も早いライフラインの復興を望みます!

北海道は根室で酪農経営の友人に電話をするも不通、ようやく声が聴けたのは電気が通った7日の夜8時過ぎでした。それまで停電で、情報が入らず全道がブラックアウトだったと聞く。「震度1」だった根室でも長い停電により酪農の搾乳冷蔵保管はもちろん、大きな範囲に影響が出ているといいます。

報道から見た山塊の崩壊、あれだけ山肌がむき出しになった姿に目を疑いました。どれだけ大きな地震だったのか?報道では当初は「震度6強」と発表されましたが、のちに「震度7」と訂正されました。

ちなみに、気象庁の震度階級は「震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」「震度5弱」「震度5強」「震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級となっています。
※「10という震度」はなく、「震度7」が震度階級で最大を意味しています。


b0092858_13231471.jpg

北海道胆振東部地震・ネットから


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-09-08 13:27 | えっホント? | Comments(4)

前川喜平さん講演会

 「あったことをなかったことにはできない!」の発言で注目された元文部科学事務次官の「前川喜平さん講演会」が会津坂下町で開催され、会場はいっぱいになりました。この一年で講演会は200回を数えるといいます。「個人の尊厳、国民主権」「政治家であろうと公務員であろうと、一人ひとりは尊厳ある個人である。自由な精神を持つ人間である。自由な精神を蔑ろにすることはできない。・・・」が会場いっぱいに響きました!

 前川喜平:加計学園の獣医学部に関し、内閣府が文部科学省に対し、平成30年4月の開設を大前提に最短のスケジュールを作るよう言い始めたのが2016年の秋です。まず、9月9日に私が和泉洋人内閣総理大臣秘書官に呼ばれて、とにかく早く進めるように言われた。その際、「総理は自分の口からいえないから私が代わって言う」というお話がありました。これは私の記憶の中にだけあるものですが、鮮明に覚えています。・・・(面従腹背・特別座談会より)

※明日から9月議会スタート(日程9/6~9/21)
b0092858_23412409.jpg

「未来と希望」をテーマに1時間半、
官僚時代の矜持を見た!


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-09-05 23:55 | 地域のできごと・行事 | Comments(4)

トリチウムを薄めて海へ!?

 とんでもない話で議論されています!そもそも貯まった放射性トリチウムを海洋放出するという政府の方針に漁業関係者など多くが反対表明するのは当然でしょう!
 問題とするトリチウムについてわかりやすい記事「元原発技術者が放射性トリチウム汚染水を薄めて海洋放出する方針を批判」・(中山貴久子 2018.09.02)」が分かりやすいので(以下、コピペ)参考にしたいと思います。

「薄めて基準値以下にすれば海洋放出できる!」と原子力規制委員会…→これでは「規制」でなく「推進」です!

 
<トリチウム汚染水の海洋放出に異を唱える、元原発技術者の後藤政志さん>

 東京電力福島第1原発でたまり続けている放射性トリチウムなどを含んだ大量の汚染水。原子力規制委員会は、この汚染水を「海洋放出が唯一の選択肢」として、年内放出への決断を迫っている。

 830日に開催された福島県富岡町の公聴会では、漁業関係者を中心に「福島県の漁業に壊滅的な打撃を与える」などと海洋放出に反対する声が相次いだ。

 その公聴会の前日に行われた緊急学習会では、元東芝・原発技術者の後藤政志氏が「トリチウム汚染水を大型タンクに100年以上備蓄し、線量が減衰するまで保管する方法が現実的だ」と訴えた。低線量であっても危険性の高いのが、トリチウムという放射性物質だ。

 しかしこの大型タンク案に対し、東京電力は「汚染水を貯蔵する敷地が足りなくなる」とも主張、検討するにも至っていない。

「基準値以下」のトリチウム水を流す米国イリノイ州では、原発周辺に暮らす住民の脳腫瘍や白血病が30%以上増え、小児がんは約2倍に増えたとの報告がある。それでも経済産業省は「トリチウムは人体への影響がセシウムの700分の1で、海外でも放出しており安全」だとし、原子力規制員会は「薄めて告示濃度以下にすれば放出できる」という立場をとっている。

「置き場がなく、海洋放出しかない」と急ぐ政府

汚染水グラフ

 後藤氏は、東京電力が「トリチウム以外は除去されている」と発表した公聴会でのグラフについて異を唱える。

「トリチウムの安全性はまだ確認できていません。光合成によって有機結合型トリチウムになるとさらに危険性が高まります。さらに放射性物質による汚染から海洋環境を守るとした『ロンドン条約』違反でもあります。

 いくら薄めた(基準値以下にした)としても、日常的に放出される分に加えて備蓄された1000兆ベクレルが海へ投棄されるとなると、総量の問題も出てきます。

 そのため放射線量が1000分の1に減衰する123年間、大型タンクに保管しておくのが妥当。その大型タンクの技術はすでにある。2021年までの133万トンは、原発敷地のスペースで全て保管することも可能です」(後藤氏)

 容量10万キロリットル級のタンクを、予備タンク1基を含めて11基建設する。漏えい対策に145メートル四方で高さ5メートルの堰を設ける。スペース的にも効率が良く、原発敷地内にある既存の1000キロリットル級タンクの敷設内に収まるという。


<薄めて海洋投棄するよりも良い方法があるのに……>

 後藤氏はもともと、タンカーなど船舶・海洋構造物の設計技師で、石油備蓄タンクでの実績をもとに検討した。

「足りなければ、7号機8号機建設予定地もある。洋上タンク方式をとれば133万トンの容量は大した量ではない。確かに予算的には海洋放出が34億円と最も安価ですが、他の地下埋設2500億円といった経産省案と比べると、大型タンク案は330億円と妥当な額です。これを無視して海洋放出するなどあり得ない」(後藤氏)

 漁業関係者が海洋放出に反対、漁業に対する風評被害が広がることは避けられない。そんな状況で「薄めさえすれば流せる」と、これ以上のトリチウム汚染水を海洋放出させてよいものだろうか?

b0092858_19534369.jpg

釣りキチ三平・ポスター


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-09-03 20:09 | えっホント? | Comments(2)

塩川町の敬老会

 本日の日曜日は、一足早い塩川町の敬老会がありました。77歳以上が招待される対象者で全市で8,754名、その内塩川町は1,547名を数えます。全市で66歳以上は16,608名。100歳以上は52名がおられ、その内男が4名、女が48名で女性は9割を占めます。併せて結婚して50年を迎えるご夫婦のしあわせ金婚夫婦の表彰があり10組が受賞されました。今回はアトラクション(オカリナ演奏あり)を含め全日程に参加し人生の先輩方とご一緒に楽しませていただきました。

 ※会場は体育館で数百名が集いますが、そろそろ洋式のテーブル、椅子にしてほしい旨の要望あり!
※来年の敬老会にはヒザに苦痛のないスタイルへの改善が望まれる旨、関係者に伝えました。

b0092858_18304784.jpg

畑の恵み~オカリナ風?


[PR]
# by tanaka-masato | 2018-09-02 18:35 | 地域のできごと・行事 | Comments(2)