世界一のメグスリノキを育む喜多方・雄国山麓からブログ発信中!喜多方市議 1級建築士 飯豊の山の案内人 Eメール miyabi-7@plum.plala.or.jp
by まさとチャン
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
画像一覧
最新のコメント
こんばんは。 本当に日..
by shata3438 at 19:09
おばんなんやした、Sip..
by tanaka-masato at 21:56
お晩なんやした、yach..
by tanaka-masato at 21:45
韓国が、、 そうですか..
by Sippo5655 at 21:35
地震による被害の大きさか..
by yachotori at 16:45
お晩なんやした、Sipp..
by tanaka-masato at 22:23
政治家と、市民。 どち..
by Sippo5655 at 21:56
お晩なんやした、yach..
by tanaka-masato at 21:08
うれしいメッセージです。..
by yachotori at 16:52
おばんなんやした、yac..
by tanaka-masato at 23:57
記事ランキング
検索
最新の記事
韓国が脱原発宣言!その1
at 2017-06-22 13:50
あすわか・の呼びかけ
at 2017-06-16 12:22
河野元衆院議長 憲法改正 全..
at 2017-05-31 19:47
アベ政治・国連から異議あり!!
at 2017-05-23 23:26
“共謀罪”はノー!
at 2017-05-17 22:39
“共謀罪”はダメ!
at 2017-05-16 20:29
日本の離島数 6847
at 2017-05-11 17:28
喜商跡地と県立病院跡地を取得へ
at 2017-05-02 22:54
磐梯山の民話 
at 2017-04-30 13:54
行政区長272名の総会
at 2017-04-27 10:00
カテゴリ
全体
毎日はハプニング
市民のくらし
議会は市民のために・・・
市民要望の実現を!
平和と憲法のこと
山と自然とまさとチャン
えっホント?
粋・ものづくり
地域のできごと・行事
建築・街並みウオッチング
家族・親戚のこと
新市・合併のはなし
未分類
フォロー中のブログ
ITエンジニアで2児のP...
森林・林業データベース
日本の行く末
会津のはてから。
sudigital af...
ごいっちゃんの議員活動報告
とおます格付け日記
小さな手紙
陶芸ブログ ぶらり
絵的生活
パラダイス大工
杉本敏宏のつれづれなるままに
irei blog
OMソーラーの家「Aib...
ひとりごと、ぶつぶつ
KOSA日記
楽家記(らくがき)
ペナン島へようこそ!
MARI ★ COLLE
美術と自然と教育と
田中英語塾講師の日記
フランス存在日記
コバチャンのBLOG
あったかフローリングのe...
薪ストーブ大好き
オルトさんの Has H...
木の気持
写真でイスラーム  
縄文ドリームタイム日記
自然大好き
NED-WLT
アナログの家が好き!高座...
北国の花鳥風月
Ever Green
Yan's diary
ひろゆきの活動日誌
Dabblin' Day...
北の街 札幌-2
「人と地球にやさしい建築...
photo-column...
建築家とつくる木の家 光...
ばーさんがじーさんに作る食卓
板橋区のいたる所にいたる...

夕張市議 くまがい桂子 ...
鰻の寝床日記
masamiの気まぐれ写真集
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
山と建築
酒と築地と肴と料理
北海道の造形教育を考える
淡路島から発信 ざわわブログ
家づくり西方設計
カメラをお供に
奥様よりちょときれい! ...
村人生活@ スペイン
日本がアブナイ!
四季の予感
イコノメ
感じたままを写真に・・・Ⅱ
9条守りたいね
水・水・水 №3
フローリングのお手入れ・...
Snap of 鎌倉
Wind Tribe S...
月のかけら
Mita kuuluu?
そんな日は海幸橋を渡って
howdygoto's ...
氏原巨雄の雑記鳥
絵手紙遊印彫師・夢追い人
會津っ子 日記
たきた敏幸日記
森の暮らし  たいまぐら便り
クロアチアの碧い海の夢
建築に夢をみた
工藤祥三
Under the Su...
アジアⅩのブログ
野鳥大好き!闘将・N
☆★☆東欧の空から☆★☆
13days
札幌便り
第一宅建設計ブログ
トスカーナ 「進行中」 ...
酒井徹の網絡日誌――日記...
いまどきの義民の呟き
自然とのふれあい
平野部屋
風につく
中村佑介の黄色い日記
道草
花それぞれ
野鳥撮小屋
おべんとう日記vol.2
身近な自然を撮る
スケッチ感察ノート
雅(みやび)
田口ランディ Offic...
南信州木楽日記
IKEDA隊長BLOG
続々定年マジかのおやじ日記
光と風の中で
岡山県美術家協会
カエルのはんこ工房
vege dining ...
NEW YORK KAZ...
レイコさんの鹿児島スケッチ
☆太陽と雪☆
七色さんぽ
a day in the...
Photo Galler...
アヤスズキノブログ
陶芸ブログ 限 無 窯 ...
街を美術館にしよう! ま...
一茎草花
EURO SNAP
オルガニスト愛のイタリア...
ソロで生きる
板垣真理子 の 最新日記
ぴーすこ ぱーすこ
横内事務所のメモランダム
Sippo☆のネイチャー...
ツジメシ。プロダクトデザ...
ここちいいところ
Cerise*Cerise*
心と体の癒しのメッセージ
アートの日記
風に吹かれて
たびびとの陶芸日記
walk this wa...
これが昭和のお弁当!!
思いのままに
農家の嫁の事件簿 +(ぷらす)
福島県立テクノアカデミー...
田中サトエの怒りと涙と汗と笑顔
夢色とうめい
お山歩日記
荒野にて
談話室もぐら:別冊Las...
写真とパピオン大好き3
會津佐藤靴店
ライフログ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
その他のジャンル
最新のトラックバック
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
ブログパーツ
ブログジャンル


<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブナの実1升、金1升

 ブナ林の落ち葉がふかふかして膝に優しいと「ブナ紅葉」で記したが、やさしいのは膝だけでなく人間社会にとってのやさしさだったことを書き忘れた。そのフカフカな林床は大雨時に保水力を発揮してダム効果があり洪水や土砂崩落を防ぎ、運んだ栄養素は海へそそぎ魚や貝類への大事な栄養源となる。ところがこれまで人間の理屈で無計画な伐採を続けその貴重な資源を失ってきたのだ。異常天候や大雨による最近の大洪水や大規模土砂崩れなどは山や森をゾンザイに扱って来たツケだと多くの人が知るようになった。
 
 白神山地では昔から「ブナの実1升、金1升」といって、その森の価値を讃えてきた。1升の実を育てるブナ林が、金1升にも匹敵する山の幸・清流の幸を生み出す豊饒の森であることを知り生活の中に生かしてきた。ブナの成長はゆっくりで、地表に芽吹いてから約50年~60年(あるいは80年)かけて初めて実をつける。そしてその後は数年に一度しか実をつけないと言われている。
 そのゆっくりさは人間の4倍で程で、秋にはブナの実は「森の恵み」として動物たちの食料となり、春には新しい芽、いのちを生みだしていきます。こうしたブナ林のおおらかなサイクルの中で人間はいかされてきたことを胸に刻んでおきたい。

<ブナの実の豊凶・マスティング---ネットから>
 そのブナの実が豊作だと、野ネズミが大繁殖すると言われる。2005年は東北~北関東が大豊作だった。クマさえ06年は子だくさんと言われている。一般に木の実は、動物たちに全ての実を食べられてしまうのを防ぐため、定期的な豊凶の波を持つ。これをマスティングと呼ぶ。しかしブナには豊凶の定期性がないとされる。次の豊作は1年後かもしれないし、7年後かもしれない。木の実そのものに毒成分が無い代わりに、豊凶の落差が大きな毒である。2006年に増えた野生動物は、食料難で苦しむのだろう。


b0092858_20485272.jpg

扇ヶ峰・きのこ
[PR]
by tanaka-masato | 2016-10-26 20:53 | 山と自然とまさとチャン | Comments(6)

ブナ紅葉 田部井さん逝く

 雄国山麓ゆめクラブが主催する第5回扇ヶ峰「ブナ林トレッキング」に参加(22日 土)、天候にも恵まれていい汗をかいてきました。コースのウォーク全長は4.2㌔で県内外から30名ほどが参加。アップダウンはきついが落ち葉クッションが膝に優しい紅葉した雄国山麓の秋を楽しみました。ブナ太郎の巨木を前にした自然教室も好評、久しぶりに杓子が入のメグスリノキと会い楽しい時間となりました。ブナの木の実を食するクマの爪痕が多いところですが、スズや笛の音でクマとの危険回避対策も万全、主催者の行き届いた心遣いが感じられました。
b0092858_13174728.jpg

自然教室①
b0092858_13191392.jpg

自然教室②


※女性初のエベレスト登頂者(当時35才)の田部井淳子さんが20日亡くなられたとの報に驚く。田部井さんは福島県三春町出身。山への情熱は篤く世界の60を超える国、地域の最高峰の山、地点に立つ。著書に「田部井淳子の実践エイジング登山・いつでも登山」など。77才(合掌)

[PR]
by tanaka-masato | 2016-10-23 13:22 | 山と自然とまさとチャン | Comments(2)

原発再稼働ノーの審判下る!


 16日(昨日)に投開票された新潟県知事選で市民と野党の統一候補である米山隆一氏が接戦を勝ち抜き当選!、に拍手です。
 最大の争点となった東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題で、新潟県民は原発再稼働ノーを選択したのです。今回も鹿児島県の川内原発再稼動ノーを訴えた三反園知事誕生に続き、市民と野党の共闘が大きな力となって統一候補の勝利となりました。まさに日本の政治の明日に希望が見えてきた歴史的勝利です。
 福島の原発事故から5年半が経過する中で再稼働の是非について問われた選挙結果に、政府や東京電力は新潟県民の審判をしっかり、厳粛に受け止める政治が求められます。


新潟県知事選 開票速報(ネットから)
立候補者数 4有権者数 1,944,049人投票率 53.05%開票 99%

米山 隆一よねやま りゅういち 無 新 49歳
推薦 共産・自由・社民
医師 弁護士
528,454 得票率52.2%

森 民夫 もり たみお無 新 67歳 
推薦 自民・公明 
元新潟県長岡市長 元建設省職員
465,037 得票率46.0%


b0092858_1944865.jpg

赤い実

[PR]
by tanaka-masato | 2016-10-17 19:45 | えっホント? | Comments(4)

風に吹かれて ノーベル文学賞 

 あのボブ・ディランが2016年のノーベル文学賞との報が入った。しかも歌手では初めてで「詩の表現を創造した・今でも新たな自己を発見している」と絶賛。今では75才というから私より11才年上だったか。初期の作品となる「♪風に吹かれて」は私の青春時代の思い出の曲でもある。当時はボブ・ディランや岡林信康らの曲をギターでコピーしようと下手ながら夜な夜なギター仲間と集った。フォークソングや歌声喫茶が全盛時でベトナム戦争反対の社会的背景が強かった頃だ。私の20代はシンガーソングライターをしばし夢見て、東京はお茶の水の楽器店までギターを買いに新幹線に乗った。ボーナス全てをはたいたハードケース入りギターを車中大事に持ち抱えてきた記憶がなつかしい。
 今回の受賞でノーベル文学賞の領域が広がったようにも思う。また日本の憲法第9条はノーベル平和賞の候補に挙がっている。ぜひとも受賞することを期待する。


♪風に吹かれて ”Blowin’ In The Wind”  Bob Dylan

How many roads must a man walk down
Before you call him a man?
人は大人になったと認めてもらうまでに
どれだけの経験をしなければいけないのだろうか?

How many seas must a white dove sail
Before she sleeps in the sand?
白のハトがゆっくりと眠るまでには
いくつの海の上を飛ばないといけないのだろうか?

Yes, and how many times must the cannon balls fly
Before they’re forever banned?
そうだよ、永遠に大砲が禁止されるまでには
いくつの大砲を撃たなければならないんだい?
The answer, my friend, is blowin’ in the wind
The answer is blowin’ in the wind.
友よ、答えは風みたいなものなんだよ
答えは風みたいなものなんだ

Yes, and how many years can a mountain exist
Before it is washed to the sea?
海に洗われるまでには
何年間山は存在しないといけないんだ?

Yes, and how many years can some people exist
Before they’re allowed to be free?
そして自由を求める人々は
何年間待たないんといけないんだ?

Yes, and how many times can a man turn his head
And pretend that he just doesn’t see?
人は何回問題から顔を背けてさ
何も見ていないふりができるんだ?

The answer, my friend, is blowin’ in the wind
The answer is blowin’ in the wind.
友よ、答えは風みたいなものなんだよ
答えは風みたいなものなんだ

Yes, and how many times must a man look up
Before he can see the sky?
人は空を見るために
何回顔を上げないんといけないんだい?

Yes, and how many ears must one man have
Before he can hear people cry?
人々の泣き声を聞くためには
いくつの耳を持たないといけないんだ?

Yes, and how many deaths will it take ‘til he knows
That too many people have died?
多くの人が死にすぎていることを気付くまでには
いくつの死を受け入れないといけないんだ

The answer, my friend, is blowin’ in the wind
The answer is blowin’ in the wind.
友よ、答えは風みたいなものなんだよ
答えは風みたいなものなんだ


b0092858_13174653.jpg

ネットから
[PR]
by tanaka-masato | 2016-10-14 12:25 | 毎日はハプニング | Comments(2)

白紙の領収書

 いま政治家の「矜持」が“白紙領収書”で問われている、と書こうとしたがもったいない。「政治家の常識がない」の表現があたっているようだ。

 日刊ゲンダイは「稲田氏は520万円分 “白紙領収書”横行する自民閣僚の非常識」と報じた。国会で指摘されても素知らぬ顔の現職閣僚、「問題ない」と言えば問題ないのか!そうではあるまい。話題の富山市議が白紙の領収書等で10人超が辞職したが、国の閣僚ならば許されるのか!それはノーだろう!異常な状態で政治を続けられたのでは国民がたまらない!

内容を見ると
●稲田防衛相の政治資金収支報告書の領収書のうち、約260枚(約520万円分)の宛名や金額が同一筆跡だった疑惑で、稲田氏は「パーティー主催者が受付などで会費を受け取ってから金額を書くと『受付が混乱する』」と答弁。
●菅官房長官も「約1875万円分、約270枚のインチキ領収書が見つかったが『問題ない』と答弁。
●高市早苗総務相も政治資金規正法を所管する立場ながら同様の問題を突かれて『法律上の問題はない』と居直った。また高市総務相自身が約340枚(約990万円分)のインチキ領収書の疑いがあることも重大だ。脱法・違法行為を、あろうことか現職閣僚が堂々と国会で『問題ない』と言い張っている」のだから異様だ。

「さすが憲法をないがしろにする安倍政権だ。全く順法精神がない」との批判に、なるほどとうなずけた。国民の多くが許さないとするアベ暴走政治の黒い一部が白紙の領収書で浮き彫りになってきた。

b0092858_21225163.jpg

自然は嘘言わない・猫石から見える雄国沼

[PR]
by tanaka-masato | 2016-10-11 21:29 | えっホント? | Comments(4)

曼珠沙華

 近くの一重陶房へおじゃまする。曼珠沙華がきれいに咲いているのでと一重さん。例年にも増して陶房のある屋敷一面に咲いて壮観である。「時をずらして咲いてくれるので花期が長いんですよ」と教えていただく。正直言って子どものころのヒガンバナの心象は“死人花=シビトバナ”と教えられて何となくいやだった。
 ところが今こうしてみるとどうだろう。
 あでやかな色と咲きっぷりに感動するのだから年のせいなのか不思議だ。
b0092858_1920522.jpg

 
 ところで、彼岸花という名前の意味は2つあって、お彼岸の頃に咲く花、又は 飢餓の時に毒抜きをして食べて飢えを凌いだ悲願の花ともいうらしい。
 さらに、強い毒を持つことで、土葬の頃は遺体を食べられないようにモグラや野ねずみを防ぐために墓地に植えられたという。

b0092858_19212812.jpg
 
※葉見ず花見ず=  彼岸花は花が咲く頃に葉がなく、葉は花が咲き終わってから出る
[PR]
by tanaka-masato | 2016-10-04 19:26 | 粋・ものづくり | Comments(6)

消防フェスティバル

 秋晴れに恵まれた今日は日曜日、午前9時半から第12回・消防フェスティバル2016・に出席、磯部英世実行委員会会長のあいさつに続き、管理者と広域議員によるくす玉割りに参加しました。
 会場となった喜多方地方広域市町村圏組合の駐車広場には老若男女多くの市民が集い、各種イベントを通して広域圏組合の役割を考える意義ある時間となりました。

b0092858_16135445.jpg

会場風景





 
[PR]
by tanaka-masato | 2016-10-02 16:17 | 地域のできごと・行事 | Comments(2)